インタビューを含む記事

愛くるしい表情と仕草で人気の「しばんばん」。その人気ぶりは文具に留まらず、スタンプでも好評で4月度のMVPを獲得しました!今回は、そんな大人気キャラクター「しばんばん」の生みの親、株式会社マインドウェイブ LINEスタンプ企画担当者の池川さんと作者のオオゴシヤステ

3月度MVPは、日々のダメなところをやさしく厳しく諭してくれる「しかるねこ」スタンプが受賞!今回は、作者のもじゃクッキーさんに、彗星のごとく現われた「しかるねこ」の誕生から、スタンプ制作の裏側までガッツリ聞いちゃいます!16万いいねが後押し、「しかるねこ」の誕

お寿司を題材にした、脱力系スタンプ「使い勝手の差がすごいおしゅしスタンプ」の作者やばいさんに制作秘話とヒットの理由を聞いちゃいます!■使い勝手の差がすごいおしゅしスタンプ「おしゅし」も喜ぶ!念願のMVP!――MVP受賞おめでとうございます!!やばい:MVPありがと

1月度のMVPを受賞した「あざらしさんスタンプ敬語編」。「ナァァァス!」でおなじみの「あざらしさん」が、敬語のスタンプをリリースしたことでユーザーがざわつきました(笑)。今回は、そんな「あざらしさん」の生みの親、グレーさんにインタビューします!コソコソと絵を

――MVP受賞おめでとうございます!ナガノ:ありがとうございます! 嬉しいです。スタンプを使ってくださっている皆さまのおかげです。▼自分ツッコミくま 冬(うご)――スタンプをつくる前からイラストなどを描いていらっしゃったんですか?ナガノ:小さい頃から絵を描くの

カップルや夫婦から圧倒的支持を受けるラブラブスタンプで11月度MVPを受賞したigarashi yuriさん。人気の理由は「まるで私たちみたい!」と思える、"共感"できるスタンプであること。今回は、そんな"共感スタンプ"の制作秘話を聞きました。▼愛しすぎて大好きすぎる。■目標

突如表れ、Twitterの話題をさらった「あたまのわるいひと」。瞬く間にネット中に広まり、作者であるニーワルスさんが自らスタンプをリリースしました。この「あたまのわるいひと」スタンプだけで、リリース直後にはクリエイターランキングで1位を獲得するなど、記録的な大ヒ

おちゃめなスタンプから、職場でも使えるかしこまりスタンプまで、さまざまなシーンで使えるぶたたスタンプ。幅広いラインナップと、ぶたたの気の抜けた表情の組み合わせが大人気で、9月度のMVPを獲得しましたMVP受賞を記念してインタビューを依頼したところ、「極秘任務中の

丸いフォルムと愛らしい動きで人気の「ゆるうさぎ」スタンプ。可愛いだけでなく、「使い勝手が良い!」ということでもユーザーから好評で8月度のMVPを獲得しました!今回は、作者のchococoさんに「ゆるうさぎ」誕生秘話から、ユーザーが使いやすいスタンプにする秘訣まで教え

「5000兆円欲しい!」という実現性の乏しい欲望を主張した画像をきっかけに話題となったパワー系スタンプ。今回は、作者のケースワベさんに、流行の回転が速いネットでバズるネタの発想法からグッズ展開秘話までお伺いしました!とにかく絵を描くのが好き! なんとなく形にし

着せかえを作るのって大変だと思ってませんか?実は、2~3日で簡単に作れちゃうんです!今回は「ふわふわプリンス」という人気着せかえを制作している、株式会社ねこのてカンパニーさんにおじゃまして、作り方のコツや、たくさんの着せかえの中から選んでもらう工夫などを教

「大切な毎日に、無難なスタンプです。」をはじめ、シンプルで使いやすいスタンプが人気を呼び、6月度の月間MVP受賞&殿堂入りを果たしたいしいともこさん。イラストレーターである奥さまと、プロデューサーの旦那さまが、ご夫婦で支え合いながらヒットを生み出しています。3

ほのぼの癒し系カップルの日常を描く「まるいすたんぷ」。送った相手をきゅんとさせる「モテスタンプ」として話題を呼んでいます!片想いの人へのアピールはもちろん、彼氏や彼女と送り合う「カップルスタンプ」であることは言うまでもなさそう。う、羨ましくなんか……!彼

「からめるの動くスタンプ」が大人気の、自称クソ動画クリエイター・からめるさん。癒し系スタンプ「コウペンちゃん」が話題を呼び、5月度MVPに輝いたるるてあさん。一見真逆なようで、実はお互いのスタンプを愛用するファン同士だったんです!今回はそんなおふたりに、SNSの

ヴィジュアル系エアーバンドのゴールデンボンバーが、初の試みを実施!タップすると音楽が流れるMUSICスタンプで、代表曲「女々しくて」をはじめとする全24曲を収録したベストアルバムを出しました! 今回のためだけに作ったオリジナル曲をたのしめるという噂も……!?そこ

ちょっぴりお下品だけど、憎めないかわいさが人気の「にゃっちーず」。猫型の未確認生物「ぬこ」の、一度見たら忘れられないインパクトの強さが話題を集めています。今回作者のかわベーコンさんに、審査ギリギリのラインを攻めるおもしろスタンプ作成の裏話を伺いました!か

「すいませんコップさげてください。」「あ!カードあります。」など、使えるタイミングの少なさが人気の「使えないスタンプ集」。 今回作者のSTUDYさんに、思わずツッコミたくなるスタンプの裏側に隠されたこだわりや、アイデア出しの方法についてお話を伺いました!「使え

甘えん坊な白クマの男の子が、元気いっぱいにお金をねだる「ヒモックマ」。先日4匹目が登場しました。■ヒモックマ 4匹目作者のセブ山さんは、女性に寄生して生きるプロの「ヒモ」。一体どのようにしてこのスタンプが誕生したのでしょうか?というわけで! 今回、セブ山さん

日常生活でよく思うことを、カフェ風のイラストにした「わかるスタンプ」。ゆるいイラストとシュールな言葉の組み合わせが「センスありすぎ!」「わかる~!」と共感を呼び、20代女性を中心に人気を集めています。今回作者のわかるさんに、クリエイター活動をする上で知って

クリエイターズマーケットに現れると同時に、圧倒的な存在感で話題をさらった「俺スタンプvol.1」。初登場にして、人気ランキングで1位になるなど、一度見たら忘れられないルックスと甘いセリフが反響を呼びました。今回、心を掴んで離さないスタンプの作り方や、謎に包まれ