ブログカバー

9月度のMVPを受賞した『イラッと動く★お猿さん9』。
可愛さとにくらしさを兼ね備えたインパクト大のお猿さんスタンプ、その誕生のいきさつを作者のセイコウさんにうかがいました!

イラッと動く★お猿さん9
1539240404030

──MVP受賞おめでとうございます!!
セイコウ:ありがとうございます!初めてランキングで一位になり喜んでいたのですが、まさかMVPまで取れるとは想像もしていなかったので、大変嬉しいです!
これも、私のスタンプをダウンロードしてくださり、日頃から使ってくださっている皆様のおかげです!本当にありがとうございます!


忘れていた子どもごころを取り戻す存在


──改めて、『イラッと動く★お猿さん』シリーズについて教えてください。もともとはどんなきっかけでうまれたのでしょうか ?
セイコウ:3年前に2016年の干支にちなんで猿をモチーフにした『お猿』というスタンプを配信したのが始まりです。当初はシリーズ化する予定はなかったのですが、予想より多くの反応をいただけたので続編をつくろうと。
丁度その頃アニメーションスタンプも配信できるようになったので、アニメーションとして活用しやすいようにキャラをデフォルメ化、また名前も一新し『イラッと動く★お猿さん』として配信することにしました。
01
──そうだったのですね!「イラッと動く★」という独特な魅力にたどりついたのはどうしてなんでしょうか?
セイコウ:このお猿さんは、子どもの頃によくいたお調子者の男子がモチーフになってます。
女子にちょっかいをかけたり、友達にいたずらしたり、いつもふざけて笑いを取る男子ってクラスに1人はいましたよね。
でもそんなお調子者も大人になり社会に出ると、子どもの頃のようにふざけることってできないんですよね。
そんな大人の、“いつしか忘れていた子どもごころを取り戻す存在”として、まるで子どものようにいたずら好きでお調子者、でもどこか可愛いお猿さんを描きました。

──なるほど。確かに、このお猿さんの動きには小学生の頃の友達を見ているような感覚を覚えました。
セイコウ:タイトルの「イラッと動く」には大したエピソードは無いのですが、自分で描いたお猿さんが鼻をほじっている姿を見ていたら、何とも間抜けな表情にイラッとしてしまって…(笑)

02

──ご自分で描かれていてもイラっとしてしまったのですね!(笑)
さて、セイコウさんは、スタンプをつくる前からイラストなどを描いていらっしゃったんですか?
セイコウ:祖父や叔父が画家だった影響もあり、物心付いた時から絵ばかり描いてました。
高校・大学と美術系の学校に進み、社会人になってからも絵を描き続け、スタンプをつくるまでは画家として活動してました。

03  04  05


──わあ!今のポップな作風からはなかなか想像し難い、こんなに写実的な絵を描かれていたのですね。そんなセイコウさんが初めてスタンプを制作することになるきっかけは何だったのでしょうか?
セイコウ:少しお小遣いが増えればいいな、という軽い気持ちで始めました。
それまではスタンプとは程遠い絵画ばかり描いてきたので、イラストを描くのは得意ではなかったのですが、当時クリエイターズスタンプが始まったばかりで話題になっていたので、どんなスタンプでも出せばそこそこ売れるだろうと、正直甘く見てたところもありましたね。
ところが、実際配信してみると、全く売れなくて…。

──なるほど…。
セイコウ:でも売れなかったことで、売れるまでつくり続けようって、逆にやる気に火が付きました。
それまではスタンプをつくりながらも、画家としても活動していましたが、両立が難しく、どちらか一本に絞らなければ、中途半端な結果しか生まないんじゃないかと思うようになり、画家としての夢を諦め、スタンプに集中することに決めました。

──長い道のりの果てにうまれたスタンプだったのですね…。


オーバーに、表情豊かに描く


──それでは次に制作方法について伺いたいのですが、スタンプのアイデアはどんなふうに考えてらっしゃいますか?
セイコウ:電車での移動が多いので電車の中でアイデアを考えることが多いです。
思いついたら、忘れないようにスマホのメモ帳に書くようにしています。
以前は言葉だけ書き留めてましたが、ふとメモを見返した時に、どんなイメージだったか分からなくなってしまうことがあったので、イメージを殴り書きするようになりました。
お猿さんの動きや表情は、子供の頃によく見ていた「トムとジェリー」の影響が大きいです。2匹の生き生きとしたコミカルな動きや表情は、大人になった今でも鮮明に覚えていて、アイデアの参考になっています。


06


──「トムとジェリー」の影響が!確かに動きのドタバタ感など共通するものがありますね。
そのアイデアを作画していく際に、何かこだわっていることはありますか?
セイコウ:タイトルに『イラッと動く』と付いてるので、毎回いくつかはイラッと感じるスタンプを入れるようにしています。鼻をほじったり、オナラしたり、にぎりっぺしたり…
表情もちょっとオーバー過ぎだと思う程、豊かに描くよう心がけています。
でも、スタンプを送られた相手が不愉快に感じるだけのスタンプは使い物にならないので、「面白さ」と、ちょっぴりの「可愛さ」も残すように心がけています。

07

──本当にいろんな要素を兼ね備えたスタンプですよね。スタンプの制作過程において苦労されていることはありますか? 
セイコウ:アニメーションづくりには毎回苦労しています。
頭の中にはイメージはできているのに、いざ動かしてみると意図しない動きになってしまい、何度も描き直すこともよくあります。時には動きが気に入らなくてボツにすることも…。
これまでアニメーションの勉強をした訳ではないので、独学でやってましたが、
スタンプをつくり続けるうちに基礎から勉強したいと思うようになり、最近参考書を買って勉強しています。

08 09

──おお!これからお猿さんのアニメーションもますます進化していきそうですね。楽しみです!

それでは、最近、セイコウさんのツボにハマったスタンプ、好きなスタンプがあれば教えてください。
セイコウ:最近、アニメーションを勉強していることもあり、アニメーションが上手なスタンプを見つけると、つい買ってしまいます。
中でもDÉCORさんの『激しく動く!顔芸うさぎ』は、メリハリのある動きが秀逸で、いつも見ては勉強させてもらってます。


──最後に、今後チャレンジしたいことを教えてください!
セイコウ:推測ですが『イラッと動く★お猿さん』を使っているのは殆ど男性だと思うんですね。以前、娘にお猿さんのスタンプをプレゼントしたことがあるのですが、「友達に送れない」と言われちゃいまして(笑)
なので、女性にも喜んで使ってもらえるスタンプもつくっていきたいと思います。
あと、いろんなクリエイターさんのスタンプがグッズ化されているのを街中で見かけることが多く、いつも羨ましく思って見てました。需要があるか分かりませんが、いつかお猿さんのフィギュアやTシャツなどのグッズもつくってみたいです。

──娘さんのコメントがなかなか手厳しいですね…。(笑) セイコウさんの新しいスタンプ、またお猿さんの今後の展開も楽しみにしています!ありがとうございました!



■プロフィール

prof

セイコウ
三人娘の父。
最近MVPを受賞したことで父の威厳を取り戻した。
うなぎパイとコロッケが好物。

【SNSアカウント】
Twitter



▼こちらでも最新情報などを発信しています!
・LINE公式アカウント〔LINE ID: @linecreators〕
linecreators
tt